慢性疲労は老化の危険信号

疲れ

眠っても、とれない疲れ…感じたことはありませんか? しっかり睡眠時間は確保したはずなのに、まだ眠い。特に激しい運動をしたわけではないのに数日間疲れが残る。 そんな慢性疲労は老化と非常に関係性があります。 慢性疲労というのは、細胞が壊れてしまっている状態で、細胞の機能が衰えエネルギー代謝が低下して活性酸素が多い状態なのです。 休めという脳の命令に従い、ゆっくりとリラックスし、精神と体を休ませて上げることで、活性酸素を減らすことが大事なのです。     水素には、細胞を甦らせる働きがあります。壊れている細胞の再生を速やかに行う事で、活発な細胞数を増やし、エネルギー生産量を増やす... ▼ 続きを読む