年代別アンチエイジング

WS000002

シミやシワなど年齢をを重ねるごとに現れる肌の悩みを予防・解消する方法。 そして美しく年齢を重ねるために必要なのがアンチエイジングです。 現代では、男女問わずいつまでも若々しくいる為にアンチエイジング・美容・健康関連への意識が高まってきています。 アンチエイジングと言われても…いつから始めればいいの? そんな素朴な質問をよく耳にします。 ずばり!  【30代は老化予防 40代は老化防止 50代~は若返り】ではないでしょうか。 結局綺麗に年齢を重ねる為には「備え」「準備」が必要で、老化すればするほど「ケア」「治療」が必要になってくるのです。   ■老若男女から絶賛されるサプリメント &n... ▼ 続きを読む

整形ブームVS水素サプリブーム

ec_%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e7%94%a8%e7%94%bb%e5%83%8f_30%e7%b2%92%e5%8d%98%e5%93%81_130-130

マドンナの美容整形が世間で非難を浴びていますね。 あまりにも不自然すぎるアンチエイジングは、あまり好まれないようです。 サッカーの元アルゼンチン代表のマラドーナも54歳にして、顔の整形手術を行ったとか。 30歳年下の恋人がいらっしゃるらしく、その影響もおおきいのかもしれませんが、異様な雰囲気に仕上がってます。 韓国のポップス界では90%以上が整形手術を施しているそうです。見た目が重視とはいえ、スゴイ現実ですね。 日本では杉浦太陽さんに整形疑惑が浮上。などなど お金がある人は、手っ取り早く「整形手術」というアンチエイジングを選択しがちなんですね。     ■整形しなくても若さ... ▼ 続きを読む

コレいいらしい!

果物

季節の変わり目、夜の冷え込みに体調崩していませんか? これからの季節お肌の乾燥も気にしなければいけない時期です。乾燥はシワの原因にもなりますよっ。 アンチエイジングマニアなら、きっとすでに秋冬対策の肌ケア始まってるでしょうね。 紫外線で疲れきったお肌をこの秋冬でリセットしておきたいですよね♪   さてさて、今回は「アンチエイジングに効くおやつ」についてです。 家にいるときでも、職場でも小腹が空くときってありますよね。 そんな時はおやつタイム♪ でも皆さんはこのおやつタイム、何を食べていますか? 何気なく食べているおやつもアンチエイジングに良いものを食べることで、今後の美容に影響がでる... ▼ 続きを読む

缶詰でアンチエイジング

頭痛のシニア女性

次から次に台風に見舞われて… 猛烈な勢力!という台風は恐怖を感じますよね。 人間って無力だなって。。。 「そう!人間は無力なんです!」 自然と年齢を重ねていき、年々体力は衰え、肌は老化し、若さが失われていくんです! 20代はつるつるだった肌も、30代には疲れが見え始め、40代には必死にボロ隠し。 20代より30代、30代より40代と月日が過ぎるもの早く感じられ・・・ ˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚とほほ。。。 老化は自然現象!  仕方ない。 けれど少しでも老化に抵抗するためにも「アンチエイジング」が大事なんです。   今回は【缶づめでアンチエイジング】です。 缶詰???... ▼ 続きを読む

抗酸化作用で美肌

油

深夜のすき家が食べられなくなるって悲しんでる人いませんか?(笑) 規則正しい食生活もアンチエイジングには大事ですよっ! (ノ≧ڡ≦) さて、今回のアンチエイジングテーマは「ごま油」です。 ごま油っていうと皆さんは何をイメージしますか? 「中華料理!」「レバ刺し!」・・・などなど 美味しいそうなものが頭に浮かんでませんか? しかし今回のごま油は美容にも使えるよっ!というお話です。   ごま油はアンチエイジング・美肌にも効果があるんです! 実はごま油には活性酸素の働きをおさえ、ホルモンバランスを整えてくれる成分が含まれているんですよ。 そのほかにもリノール酸、オレイン酸、ビタミン、ミネラ... ▼ 続きを読む

究極のアンチエイジングとは

ストレッチ女性

■40代から老化が加速する!! 30代まではまだ頑張れていたことが、40代になったらキツクなってきたという声をよく耳にします。 実際、30代まではカラダの中で過剰に発生した活性酸素を除去する「抗酸化酵素」のパワーが 40代になると急激に減少してしまうのです。 30代までは除去できていた有害物質がカラダに残ってしまうことで、カラダの酸化が進行し、老化のスピードを加速させてしまうのです。   ■諦めないでアンチエイジング どうせ年齢を重ねれば老けて見えるのは当たり前なんて考えていませんか? 実年齢より若々しく見える人たちは、自分の年齢としっかり向き合う姿勢を持ち、努力を惜しまず美と健康を... ▼ 続きを読む