逆効果!?アンチエイジングに良くないコト

寒い冬は、暖かいお風呂と布団って心安らぎますよね。

冷えた体を温める、心地よい睡眠を促す、一日のカラダの疲れを癒す、ストレスを緩和しリラックス気分になる。そんな意味でも入浴は私にとってとても重要な時間です。もちろんアンチエイジング的にもとても有用な時間です。

けれど、実はその入浴時間にアンチエイジングどころか「美容」そのものを損なう行為が行われているのです!!

皆さんも知らず知らずのうちにやっているかもしれない、アンチエイジングに良くない行動をcheckしてみましょう。

 

■朝でもやりがち危険なシャワー温度

寒いこの時期についついやりがちなのが熱めのシャワー。冷え込みの激しい朝の時間帯は湯船よりシャワーを使用するかたも多いのでは?この熱すぎるシャワーは、お肌にとってはとても良くないのです。早く身体を温めたい!そんなきもちからついつい温度を1・2度上げてしまいがちですが、熱すぎるシャワーは肌の乾燥を急速化させます。頭皮にとっても同じこと。ただでさえ乾燥しやすいこの時期に、かえって逆効果の熱めのシャワー。水に触れるだけでも落ちてしまう肌にある保湿成分を洗い流さないためにも、適温38〜40℃を心がけましょう。

 

■しっとり成分の落とし穴

乾燥が激しいこの時期だからこそ、ボディーソープやシャンプーといった洗剤の類も「保湿成分」が豊富な物などを選んでいませんか?

確かに洗い上がりはしっとりしていて、乾燥知らず。けれど、洗い上がりがいくら潤っていても、時間がたてば乾燥するんです。アンチエイジングを心がける皆さんとしては、大丈夫かもしれませんが、湯上りに保湿成分洗剤にだけ頼るのではなく、湯上りの保湿ケアを心がけましょう。顔だけでなく、全身を保湿してあげることが美しさの秘訣です。

 

■うっかりはダメよダメダメ

ボディーソープを使用したら、もちろん洗い流しはしますよね。けれど、ついつい忘れがちなのが入浴剤。保湿成分が多く含まれた入浴剤を使った後の肌はしっとりするので、忘れるというよりは意識的に流さない方もいるようです。しかし、お湯ですすがずそのままの状態で終わってしまうという事は、肌に残った成分がかゆみや吹き出物の原因になることもあるのです。入浴剤を入れた湯船に浸かった時は、湯上りに必ずお湯で体をすすぐようにしましょう。

 

いかがでした?思わず「お!」と思う事ありませんでしたか?

アンチエイジングのために、美容の為にと思ってやっている行為の中にも意外と危険は潜んでいるのかもしれませんね。

 

<水素サプリメントでエイジングケア>

お肌が老化する原因は様々ですが、日常生活の中で肌を老化させることはたくさんあります。

・飲酒

・喫煙

・紫外線

・排気ガス

・ストレス

などなど。老化を促進させてしまう「悪玉活性酸素」は上記のような老化条件で大量に発生しているのです。

悪玉活性酸素が発生することで、細胞が傷つけられ、死滅させられ、どんどん老化を進行させているといっても過言ではありません。

水素サプリメントが美容に効果的というのは、この悪玉活性酸素を速やかに除去してくれるという理由があります。

芸能人やモデルさん達などアンチエイジングを意識する方々が愛用しているというのも納得です。

根本的なアンチエイジング対策として浸透しつつある水素サプリメント。健康維持のためにも効果的ですよ。