若返りの盲点!実は老化はこんな簡単なことで防止デキる

昔の日本に比べ激変したモノの1つつして挙げられるのが「食生活」です。

簡単に食べることができるレトルト食品。

添加物にこだわらない外食。

カロリーがオーバーしがちなジャンクフード。

食の欧米化がすすむにつれ、健康もおびやかされる時代になりました。

素朴で栄養バランスの良い和食に比べ、欧米化がすすむことにより脳の老化が早まったといわれています。

 

脳のアンチエイジングは今の時代を生きる私たちにとってとても重要な課題になりつつあります。

医療技術の進歩も伴い、高齢化社会となっている日本。

認知症の予防は重要なアンチエイジング。

 

◆脳のアンチエイジング

大豆製品やゴマは認知症を予防する、脳のアンチエイジング食です。

脳の神経伝達や脳細胞に有効な成分を沢山含んでいます。高価な食材ではなく、毎日でも食すことができる手軽な食材ですので、脳のアンチエイジングを実行するのであれば、是非取り入れたい一品です。

認知症だけでなく動脈硬化にも有効と言われているのがしいたけです。高血圧を予防する効果もあるため、中高年には最適な食材です。

年齢を重ねると食の好みも変化してくると言われています。若い頃は肉食だった方も次第にさっぱりしたもの、魚や野菜中心の食事に変化したりします。魚を食べる際は、脳のアンチエイジングを考慮するのであれば「青魚」を選びましょう。

手軽な青魚として「サバの缶詰・さんまの缶詰」などがあります。スーパーで購入でき、すぐに食べられる商品なので、毎日の食生活に活用できます。

 

◆実は老化はこんな簡単なことで防止デキる

簡単な老化防止。それは咀嚼です。

現代ではやわらかい食べ物が増え、咀嚼力が衰えていると考えられています。

脳の神経細胞を壊す、有害な物質といわれるたんぱく質「ベータアミロイド」は、咀嚼が少ないと多くなるといわれています。

脳を活性化させ、老化を防ぐには一回20回以上を目安として、よく噛みながら食事をすることが重要です。

咀嚼をしっかりすること=たくさん噛むこと は脳の老化防止以外にもメリットがたくさんあります。

・丈夫な歯をつくる

しっかり噛めば噛むほど唾液はたくさん分泌されるため、虫歯や歯周病の予防になります。

・胃腸の負担を軽減する

唾液に含まれる酵素は、食べ物の消化を助けます。

・ダイエット効果

咀嚼することで血糖値が高まるため満腹中枢が刺激されます。

・美容効果

咀嚼することで顔の筋肉と骨が鍛えられ、しわやたるみ予防にもなります。

 

近頃では、認知症の発症が年々若年齢層に広がっています。「今は大丈夫」と安心せず、今からできるケアを心がけましょう。

 

◆認知症予防サプリ

今医学界で認知症予防に効果的と注目されているのが、水素サプリメントです。

マウス実験での検証段階ではあるようですが、水素の活性酸素除去能力が認知症の予防にも有効だという事が明らかにされています。

他の抗酸化物質ではダメなのになぜ水素が認知症予防に効果を発揮するのか。

その一因として挙げられるのが、水素の大きさです。

水素は宇宙で一番小さい分子です。他の抗酸化物質が入っていけないところにまで水素は浸透することができるため、脳内などの細部で効果を発揮するとされています。

また、他の物質にはない特性として、選択的に悪玉活性酸素を除去できるということも挙げられます。

認知症の原因でもある脳の活性酸素を除去することで、認知症の発症を抑えることができるのです。

 

水素サプリには様々な効果が発見されていて、今もまだ実験は繰り返されています。今後も水素の有用性は明らかになっていくでしょう。水素はまだまだ無限大の可能性を秘めた物質なのです。

 

脳のアンチエイジングにも水素サプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。