脳のアンチエイジング

台風が近づくと、偏頭痛が発生する。。。なんて言う方いませんか?
気圧が下がると、「交感神経」と「副交感神経」の両方が刺激され、自律神経が
バランスを崩してしまうんだそうです。

そのほか、血行不良になりムクミやすくなったりもするとか。
このムクミは気圧と細胞に関係があるようです。

天気と身体の不調に関係があるなんて! 私たちの身体ってとっても精密にできていて、
デリケートなんだなって思います。

そんな私たちの身体の中でも、一番複雑な機能を搭載しているのが「脳」ではないでしょうか。

ちょっと難しそうな感じがしますが、「脳」についてお話しますね。

fileと聴診器■脳のアンチエイジング

脳は私たちが生きていくうえで絶対に必要な器官です。
脳がなければ心臓の動き、呼吸、消化など生命活動を支える機能が全て停止してしまいます。もちろん生命活動だけではなく、集中力、記憶力、判断力などなど様々な機能を備えた重要器官です。

その脳に血液を送り込む脳動脈は脳の表面を覆うように枝分かれし、毛細血管によって脳の奥まで血液を運びます。
血液がドロドロした状態になると、毛細血管を血液が流れにくくなり、血液が届かない脳細胞は死滅してしまいます。
そして、細胞が死んでしまったことにより脳機能が低下してゆくのです。
記憶力の低下や認知症の予防には「脳内の血流を改善する」ということがとても大事なのです!
■記憶力低下の抑制

ここで、再度思い出して頂きたいのが水素分子の小ささです。水素は非常に小さいので、同じ抗酸化物質といわれるビタミンやポリフェノールが通りぬけられない「血液脳関門」を通過することができます。
水素は脳の視床下部にある重要器官:記憶を司る「海馬」の活性酸素を除去することができるため、「アルツハイマー」「パーキンソン病」への応用が期待されているんです。
おまけに、血管に「過酸化脂質」(=活性酸素)が蓄積されると、血液をドロドロにして、高血圧や脳梗塞の原因になってしまいますが、水素には「過酸化脂質」の生成を抑制して、血液をきれいにする力があるため、毛細血管を血液が流れにくくなり、血液が届かない脳細胞を死滅させることを抑制します。
現在では、医療業界の多くの分野で「水素」の効能を用いた治療法が取り入れられ、
健康維持に役立てられています。
家庭でできる健康維持の一環として、手軽に摂取できる水素サプリメントが人気の理由は
こういった疾病予防も挙げられます。