必見!たるまない瞼づくり

老け印象を与える「目元の小じわ」
やはり目の印象は顔の印象を大きく変えます。

シワもそうですが、年齢を重ねるにしたがって、瞼のたるみって目立ってきますよね。

目元の小じわに対するアンチエイジングをしている人は多いようですが、たるみケアをしている人は小じわケアに比べ少ないようです。

しわやしみと違って、隠せないのが「たるみ」。
重力に逆らえず、下に下にとたるんでいくのを、黙って見ているわけにはいきません!

たるみは隠せなくても、「防ぐ」ことは可能です。

日々の生活の中で、「たるまない瞼をつくる習慣」を身につけてみてはいかがでしょうか。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
w_face

体の不調を解消サプリ

 

 

体の中からキレイを実現!


水素のチカラで「肌力」を取り戻せ♪

プレミアム水素サプリメント 泉

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

■PC/スマホがたるませる

PCやスマホがなければ生活できない!そんな声さえ聞こえてくる現代。

PCやスマホの長時間使用によって、私たちの目は疲れきっています。

この「眼精疲労」は瞼のたるみの原因のひとつです。

目の周りの筋肉が酷使されることにより、固くなってしまい血行不良になります。

その血行不良が目の周りに老廃物を蓄積させてしまうのです。

目が疲れたら休ませてあげる。目の周りの血行を促進させる。そういったケアでたるみを防ぐことができます。

 

■やめよう毛抜き習慣

眉毛のお手入れ方法にも問題が! 太い眉毛・細い眉毛 個人差はありますが、若年層は比較的細眉人気が高いようです。

細眉の人は、毎日「眉毛抜き」をしている人がほとんど。眉毛って伸びるのが意外に早いので、剃るより抜くという手段を選ぶ人が多いようです。

しかし、この「抜く」という作業が瞼をたるませる原因だという事を知っていますか?

眉毛を毛抜きで抜く際に、瞼の皮膚が引っ張られ、伸びてしまうのです。日々伸ばされた皮膚は、加齢と共にたるみとなって現れます。

若いうちは気にならないたるみも、30代・40代になると顕著に現れます。若いうちから意識して「たるまない習慣」をつけておかないと、後で後悔することになります。

早めのアンチエイジングが重要視されるのは、こういった「取り戻しが効かない!」という現実があるからですね。

 

■むくみは禁物

お酒の飲みすぎ、塩分の取りすぎ、夜更かしのしすぎ…目がむくむ原因はたくさんあります。
目がむくむということは、瞼の皮膚が伸びていること。皮膚が伸びてしまうと、たるみの原因になります。

むくみやすい人は瞼のたるみにも注意しなければダメです。

アンチエイジングは生活習慣からといっても過言ではありませんよ。