女性ホルモンと更年期障害

WS000010

■ホルモン補充

女性の閉経時に起こるホルモン障害として「更年期障害」があります。加齢と共にホルモン分泌量が減少し体調不良が現れます。

【成長ホルモン欠乏】
体脂肪の増加、記憶力の低下、骨密度の減少、性欲の低下、免疫力の低下、毛髪の減少、筋肉量の低下、運動能力の低下など

 

 

【DHEA(女性ホルモン、男性ホルモン)欠乏】
肥満、性機能の低下、痴呆、骨粗鬆症、抑うつ感など

ハリのある美しい肌、つややかな髪、豊かなバストやヒップを維持するためにも「ホルモン減少」に対するケアは重要なエイジングケアです。

イライラや不安、ほてり、めまい、肩こり、不眠などの更年期症状はエストロゲンの分泌低下によって引き起こされると考えられています。
女性ホルモンの分泌量が低下してしまう原因には次のような生活習慣があります。
・ストレス
・睡眠不足
・過労
・運動不足
・不規則な食生活
・偏った栄養バランス

女性ホルモンは、体内のある細胞でしか作られないので、食事から摂取することは困難です。
ストレスによって発生した、有害物質:悪玉活性酸素を除去することで有名な「水素サプリメント」で体内に水素を取り入れると、エストロゲンの分泌の減少を緩やかにし、更年期障害の緩和にもつながるのではないでしょうか。

更年期障害には個人差があり、症状もさまざまではありますが、更年期障害になる前の「アンチエイジング対策」として、「水素サプリメント」はとても有効だと思います。

水素サプリメントは、脳内の「黒質」という場所から出るはずのドーパミンが分泌されにくくなり、
脳の神経細胞の連絡伝達に異常が生じて、脳からの指令が届かず、痺れや震え、身体が動きにくくなるというパーキンソン病の予防・改善にも有用だと注目されています。
生活環境や活性酸素による酸化ストレス、ミトコンドリア障害などが病気の根本の原因ではないかと考えられているからです。

医学界でも大注目の「水素サプリメント」の効果で、究極のアンチエイジングを体感したいですね。