アクティブが若さの秘訣!快活さのある若々しさ

若い頃とは違い、疲れやすくなる。そして疲れが残りやすくなるのが40代~といわれています。

それはカラダの機能が老化している老化現象の影響があるからです。。。

 

◆疲労の現状~みんな疲れてる~

日本人は働きすぎというイメージありますよね。諸外国は国レベルで家族との時間を大事にしている印象があります。大型休暇が数カ月あったり、お昼の休みが3時間くらいあったりと羨ましい限りです。

近頃では日本もようやく休暇に関する概念が変わりつつあり、土曜日や祝祭日の休暇が採用されている会社が増えてきました。しかしながらまだ、日本人は働きすぎの現状は変わっていないのかもしれません。

実際に0代~60代の男女600人の方へ行ったアンケート結果では日ごろ疲労を感じるかどうかを聞いたところ、全体の過半数(51.2%)が疲労を感じると回答したという事実があります。

疲労を自覚することで、「ヤル気がでない」「効率が悪くなる」「機嫌が悪くなる」といった弊害もあるようです。

「疲れたな」と感じている人はそれなりに対策をしているようですが、改善にはつながっていないようです。具体的な対策法として人気だったのが、睡眠・休養・入浴でした。40代を過ぎると済みんトラブルを抱えている方も大勢いるので、疲労が残るのはその影響もあるのかもしれませんね。

同様に、疲れている自分に対して「若々しい人」のイメージを聞いたところ、

アクティブな人・快活な人・エネルギッシュな人と言う回答が得られたそうです。

また自分が目指すイメージとしては、

快活な人・エネルギッシュな人・肌が綺麗な人という結果でした。

 

回答には男女差により外面的な若々しさ、内面的な若々しさに違いはありますが、やはりアクティブな人・快活な人・エネルギッシュな人になるためには、健康が必要不可欠の条件ともいえるのではないでしょうか。

 

◆健康から生まれる若さ

腰痛・膝痛など年齢を重ねると、歩行に影響のある関節などのトラブルが多く見られます。年齢を重ねていくうえで、腰や膝関節の使用頻度は高く、老朽化していく割合も高いことが窺えます。

多くの方が悩んでいる悩みであればあるほど、自分にもおこりうるトラブルと考えて備えておくのが賢明ですよね。

関節のトラブルなどは、年月の積み重ねの結果のようなものです。

今は大丈夫でも、将来のことを考えて早めのケアをはじめましょう。

 

◆未病=アンチエイジング

アンチエイジングも膝や腰同様に考えて早めのケアが重要です。

若い年齢層にも人気なのが水素サプリメントです。あくまでも健康食品なので、老若男女問わずできる健康管理になります。

病気は年齢に関係なく襲ってきます。健康なうちから健康管理することが今、とても重要なのです。

水素サプリメントがアンチエイジングに効果的というのは、肌が若返るとか細胞が甦るというだけではありません。

細胞が甦ることで、体の機能そのものが老化速度を弱めるのです。

「若い頃のように○○したいな~」そんな想いを実現に近付けてくれるのが水素サプリメントの秘めた可能性です。

まだまだ、実用化が始まったばかりの水素ですが、手軽に摂取できるサプリメントを活用することで、病院にお世話にならずに済む生活が実現するかもしれませんね。